イーが巨大子牛を産んだ夜の話

出産予定日を10日程過ぎている。

イーのおっぱいがポンポンに膨れ上がり、子牛の誕生を待っている。

子牛部屋も綺麗にして、フカフカの藁を敷き詰めた。

「それにしても、まだ産まないね。」

毎日毎晩、今か今かと待ちわびて、待ちくたびれてしまった。

産みそうな気配が出てきているから、本当にもう間もなく産むだろうと

楽観視しつつも、予定日を大幅に越えている事に、密かな不安を覚えていた。

そして、昨晩

夜の搾乳作業を終える頃には

乳頭からポツポツとお乳が滴り始めていたので

「絶対、今晩産むぞ!!」と、何時であろうと駆けつけられるように

徹夜の覚悟決めた。

ちょうど、ドシャ降りの雨が降ってきた。

夜9時、イーが立っている。立っているうちは、産まないよね。

夜11時、イーが足をピンと伸ばしていた。きっと陣痛が始まったんだ。

夜12時、破水したようだ。いよいよ生まれるか!?

夜2時、破水から時間がかかり過ぎている。

夜3時、子牛のつま先が見えた。頭が出てきたら、そこからはスグだ。

    イー、頑張れ!

ところが、子牛のつま先が、今まで見たことないくらい大きい事に気が付いた。

「こ・・これって、イーは産めるのかな!?」

2児を産んだ経験がある私は、思わず自分の下腹に手を当ててしまった。

この大きさは絶対無理だよ!!産みの苦しみ回顧録

「どうしよう、どうしよう」と、狼狽えていたら、

搾乳のお手伝いをしてくれているKおじさんがやって来た。

暴風雨の中、傘をさして、片手運転で自転車をこぎながら、やって来た。

傘がひっくり返って、お椀のようになって、まるで役に立っていなかった。

「こういう時は、イーに任せるんだ~。」と、Kおじさんが言うので

ひとまず家に戻る事にした。

しかし、わずか30分後の

夜3時30分、Kおじさんから招集がかかった。「作戦変更だ~!」

子牛のサイズがあまりに巨大なので、これは引っ張らないと無理という判断で

少しだけ出ている子牛の足にロープをかけて

Kおじさんと夫が、イーの呼吸を見ながら、懸命に引っ張った。

午前4時30分、イーから引っこ抜かれるように、子牛が生まれた。

とんでもない巨体だった。

子牛よりも、まずイーの方が心配になった。

前に、マルという牛が出産の際に腰の神経を傷つけて、

立てなくなって死んでしまった事があった。

その記憶が蘇り、イーに万が一の事が想定されて

心臓がバクバクした。

イーの足は伸びきって、ダラリと横たわっている。

立とうという素振りは無く、

疲れ切って、かつ神経が高ぶっているのが分かった。

もう駄目だと思った。

きっと、マルと同じ運命なんだって、

なんでこんなに巨大な子が生まれてきたのだろうかって

小柄なイーの身体に負わせてしまった運命、どうしようって思った。

そして午前6時30分、イーが立ち上がった!!!!

「よっしゃ!よっしゃ!凄いぞ、イー!!お前、タフやな~~~!!!」

搾れずにいた、初乳を搾って、巨大な子牛に飲ませてあげた。

巨大なくせに、500mlくらいしか飲まなくて拍子抜け。

ああ、本当に良かった・・。

長い夜だったけど、イーも巨大子牛も無事で、本当に良かった。

イー、お前本当にタフな子だね!!